1. ホーム >
  2. 太陽光事業部 >
  3. 産業用太陽光発電システム >
  4. 全量買取制度について

全量買取制度について

新制度、全量買取制度とは

2012年7月1日からスタートする、再生可能エネルギーの「全量買取制度(固定買取制度)」とはいったいどのような制度でしょうか。

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案

再生可能エネルギー源(電力・風力・水力・地熱・バイオマス)を用いて発電された全ての電力を、一定期間・一定の価格で電気事業者が買い取ることを義務付ける制度。

この制度は、みんなで日本の再生可能エネルギーを育てることを目的とした制度です。 太陽光・風力など再生可能エネルギーによって発電した電力を、電力会社に一定期間、一定の価格で買い取ってもらい、再生可能エネルギーの導入拡大を進めることがねらいとされています。

全量買取制度の概要

余剰電力買取制度(太陽光発電)

※2012年6月30日まで

余剰電力買取制度(太陽光発電)の補助金表

※発電設備は、自家消費目的のシステムが前提

全量買取制度(太陽光発電)

※2013年4月1日〜2014年3月31日

全量買取制度(太陽光発電)の補助金表

※全量買取制度適用の発電設備は、売電目的のシステムが前提

全量買取制度のメリット

太陽光事業部